組合について

ごあいさつ
 
当組合ホームページを、ご覧いただき誠に有難うございます。

我々の組合は、名称通り建築用サッシ・ガラスをメインに扱っていますが、時代の変遷のもと、建築資材のいろんな物(ユニットバス・キッチン・トイレ・エクステリア・外壁材等)をも扱うようになりましたが、今回は、窓(ガラス)についてPRさせていただきたいと思います。

窓(ガラス)にもいろいろな機能を持った窓(ガラス)があります。
断熱性に優れた窓(ガラス)、防犯に優れた窓(ガラス)、防音に優れた窓(ガラス)、ファッション性の窓(ガラス)等いろいろありますが、まだまだ一般の方からの認識が低いため、普及しておりません。

関連メーカーにもリンクしておりますので、ぜひご覧いただき、ご活用くだされば、大変光栄に存じます。ありがとうございました。

山形県サッシ・ガラス協同組合
理事長   西塚 和彦

組合の概要

組合の概要

名  称 山形県サッシ・ガラス協同組合
所在地 事務所:山形県山形市あかねヶ丘2-17-7
TEL:023-645-3456
FAX:023-645-3456
理事長 西塚 和彦
設立年月日 昭和47年9月7日
出資金 1,951,000円
業  種 アルミサッシ、板硝子販売施工
部  会 エコ窓推進事業部、技能検定・技術推進事業部、共同購買・共同受注事業部、青年部
主な事業 共同購入事業、技能検定に関する事業、福利厚生事業、共同受注に関する事業、エコ窓推進事業
地  区 山形県全域
組合員数 32名
職員数  -
   
組合の沿革

組合の沿革

昭和29年 宇野太一氏外12名の御尽力により山形県中南部板硝子組合を設立。組合長に宇野太一氏就任、組合員数128名
昭和42年 全国板硝子商工協同組合連合会に加入し、山形県板硝子商工業組合を設立す。 
昭和45年 山形県板硝子商工業組合を解散し、新たに山形県板硝子商工協同組合を設立す。 
昭和46年 ガラス施工技能検定制度が実施す。 
昭和55年 山形県板硝子商工協同組合創立10周年記念式典を実行す。
昭和61年 仙台通商産業局長より官公需適格組合認可を受く。
昭和62年 山形県中小企業団体中央会より62年度国指定モデル組合の指定受く。
平成 2年  山形県板硝子商工協同組合20周年記念行事実施。 
平成 3年 山形県板硝子商工協同組合 青年部発足
平成 4年 臨時総会において組合名称変更決定「山形県サッシ・ガラス協同組合」とす。また4部会を設ける。サッシ部会。ガラス部会。購買部会。青年部会。
平成 5年 サッシ・ガラスの標準資料作成 
平成 8年 雇用促進事業団「事業再構築雇用管理モデル事業」契約
研修視察 奈良県板硝子商工業共同組合 訪問
平成 9年 フィルム張り講習会 20名参加 
平成12年 布施理事長より阿部理事長へバトンタッチ
インターネット講習会 10名参加 NTT山形
平成13年 当組合のサイトを新規オープン
山形県サッシ・ガラス協同組合 名称変更10周年記念式典 蔵王温泉 62名
平成14年 構造用断熱パネル講習会 3回開催
山形市組合 中国研修旅行 蘇州・無錫・上海 15名参加 
平成15年 「サッシ新寸法導入・計画換気・防犯ガラス」について勉強会開催
平成16年 NEDO補助制度説明会 仙台 
平成17年 前奥山副理事長 全技連マイスター受賞
平成18年 機能ガラス普及推進事業 山形警察署訪問 板硝子協会 1名、当組合 3名参加
防犯ガラス勉強会 酒田・村山・天童 各警察署より依頼
平成19年 商工中金「転換に係る説明会」
全硝連創立60周年記念式典 東京
東南村山地方事務所 環境課 環境学習支援団体認定申請
平成20年
阿部理事長より奥山理事長へバトンタッチ
平成21年 キャッチフレーズにCO2削減の為「エコ窓に変えよう」
環境マイスター69名の認定を受け窓取り替え増設を進める
平成22年 県環境課とタイアップし省エネリフォーム普及活動事業を進める
平成23年 高断熱住宅普及促進事業に力を入れる